かねしげ歯科

メニュー


むし歯・歯周病治療





むし歯・歯周病

歯科医院での最も多い病気がむし歯と歯周病です。
むし歯も歯周病も、突き詰めると細菌の感染症なのですが、一括りにむし歯、歯周病と言っても、生活習慣、好きな食べ物、ブラッシングの状態や、歯並び、免疫力等様々な要因によって、一人一人の治療法、予防方法は変わっていきます。一本の歯を単純に詰めるだけではやはり再治療のリスクは上がってしまいます。

かねしげ歯科では、様々な要因を検討しながら予知性の高い治療を心がけています。

ドット

 

むし歯治療について


むし歯治療について

むし歯は初期段階では痛みがなく見た目にもわかりづらいため、発見が遅れがちです。一度進行してしまうと痛みがなくなっても自然に治ることはありません。むし歯はなってから治すのではなく、なる前に予防することが一番大切です。早期発見・早期治療に取り組めば、それだけ歯を長持ちさせることができます。

ご自宅でのセルフケアと、歯科医院での定期的なプロケアを上手に組み合わせて、むし歯になるリスクを減らし、いつまでも健康な歯を守りましょう。

むし歯の予防法


  • 歯質の強化


    フッ素は歯を強くします。歯科医院でのフッ素塗布や、フッ素入りの歯みがき剤、シーラントによる予防で普段から歯質を強化しましょう。

  • 細菌の除去


    毎日の正しい歯磨きや、歯科医院での歯垢(プラーク)をとってお口をきれいにしましょう。

  • バランスの良い食事


    むし歯は糖質とむし歯菌からできます。日常より甘いものを控え、バランスのとれた食生活を心がけましょう。


むし歯のセルフチェック

思いあたる症状・習慣を
チェックしましょう!


  • 1. 歯磨きは一日2回以下
    2. 熱い物・冷たい物が歯にしみる
    3. 歯が抜けたままの箇所がある
    4. 間食やだらだら食べることが
    多い
  • 5. 甘い物をよく食べる
    6. 歯並びが良くない
    7. 口の中が乾きやすい
    8. 被せ物や詰め物をしている
    歯が多い

歯の寿命上記のチェック項目は、
当てはまる数が多いほど、むし歯の可能性があります。
むし歯は早期発見・治療が大切です。
症状が当てはまった場合は一度ご相談ください。


歯周病について


歯周病について

歯周病とは、歯肉炎・歯周炎の総称で、歯垢(プラーク)と呼ばれる細菌のかたまり(歯周病菌)によって、歯ぐきが炎症を起こし、徐々に周りの組織を破壊していく細菌感染症です。日本では成人の半数以上が歯周病であると言われ、誰もがかかる可能性のある身近な病気です。

歯周病は痛みなどの自覚症状がなく進行するため、気づいた時には重症化しているということも少なくありません。細菌感染によって歯の周りの組織が破壊され、最悪の場合歯が抜け落ちてしまう怖い病気なので、早期発見、治療を心がけましょう。


歯周病の予防法


歯周病の予防法

歯周病の一番の予防は、細菌のすみかである歯垢(プラーク)をきちんと取り除くことにあります。

ご自宅でのセルフケア(歯磨き・フロス)が大切です。ただし、患者様自身による歯垢(プラーク)のコントロールだけでは口の中の細菌を完全になくすことは難しいため、定期的に歯科医師や歯科衛生士による検診や治療を受け、歯をメンテナンスすることも重要です。




歯周病のセルフチェック

思いあたる症状・習慣を
チェックしましょう!


  • 1. 歯磨きをすると、
    歯ぐきから出血する
    2. 口臭が気になる
    3. 歯ぐきに赤く腫れた
    部分がある
    4. 歯と歯の間に
    食べ物がつまりやすい
  • 5. 甘い物をよく食べる
    6. 歯並びが良くない
    7. 口の中が乾きやすい
    8. 被せ物や詰め物をしている
    歯が多い

歯の寿命上記のチェック項目は、
当てはまる数が多いほど、歯周病の可能性があります。
歯周病は早期発見・治療が大切です。
症状が当てはまった場合は一度ご相談ください。






休  診  日 | 木曜日 ・ 日曜日 ・ 祝日
診療科目 | 歯科 ・ 小児歯科 ・ 矯正歯科 ・ 歯科口腔外科

〒463-0003 愛知県名古屋市守山区下志段味濁り池1682-1




Copyright © 2014 Kaneshige Dental Cliinic All rights reserved.