かねしげ歯科

メニュー


入れ歯(義歯)・インプラント





やむを得ず歯を失ってしまった方へ

やむを得ず歯を失ってしまった方へ

歯を失ったままにしておくと、隣の歯が倒れてきたり、噛む歯を失った対になる歯が伸びてきたり、残っている歯に過重負担が起きたり、と様々なデメリットが出てきてしまいます。
長期間放置しておくと、最悪の場合他の歯も抜歯しなければいけなくなる可能性があるため、早期に処置をする必要があります。失った歯を補うには、次の三つの方法があります。

 

欠損補綴の種類


  • 取り外し式の入れ歯


    いわゆる部分入れ歯や、総入れ歯、と言われるものです。

  • ブリッジ


    失った歯の前後の歯を削り、失った歯の部分を含めて作る、連結の差し歯のことです。

  • インプラント治療


    失った歯の部分の骨内にチタン製の人工歯根を埋入し、その人工歯根を支えにして作る差し歯のことです。


それぞれに適応症や利、欠点がありますので、
診査の後、希望をお聞きしながら
最善の方法を選択し治療させていただきます。


CT撮影や各種診査の後に、治療方法を患者様とご相談させて頂きます。

インプラント
( 厚生労働省認可の再生医療施設 )


ご自身の歯に近い見た目と噛み心地が得られます

インプラント

インプラント治療をする際には、残存骨量が大変重要な要因の一つになりますが、当院では、再生治療を取り入れております。ご自身の血液を採血させていただき、そこから成長因子を凝集させたフィブリン塊を採取、骨量が不足している部位の骨増生を図りながら埋入計画を立案していきます。
インプラントは失った歯の本数や範囲によって、一本の差し歯から、ブリッジ、安定した入れ歯を作る為の支えとして、等様々に応用することが可能です。

メリット


顎の骨に直接人工歯根を埋め込むので、
ご自身の歯と同等に噛む機能が回復する
周りの健康な歯を削る必要がない
ご自身の歯に近い見た目を手にいれることができる
取り外しの煩わしさがありません

留意点


保険適用外のため治療費は高額になります
治療期間がブリッジ、入れ歯に比べて長くなります
全身疾患等の問題があると治療できない場合があります
手術が必要になります
インプラント費用 単      価
CT撮影+画像診断 10,000円
手術用ステント 30,000円〜50,000円
埋入手術 160,000円
採血PRGF法 30,000円
GBR1歯分 50,000円
ブロック骨採取1部位 50,000円
ソケットリフト 100,000円
サイナスリフト 200,000円
結合組織採取1部位 50,000円
静脈内鎮静(麻酔専門医出張費、薬剤費用含む) 80,000円
プロビジョナルレストレーション 5,000円
上部構造(材質はセラミックスorGold咬合状態により決定) 160,000円

※表示の費用は税抜価格となります。


基本的なインプラント治療の
費用例
(1本)
[ 埋入手術 + プロビジョナル
レストレーション + 上部構造 ]

325,000円 (税抜)


インプラント治療にかかる費用は
治療する歯の状態によって異なります。
実際の費用は検査後にお見積りいたしますので、ご安心ください。


インプラントの保証について


長期安心の10年保証


当院では患者様に安心してインプラント治療を受けていただくために、インプラントに保証期間を設けております。インプラントの再手術、再治療のケースは稀ですが、万一の場合に備えて保証制度があることで、確かな安心をお届けできます。

※上記保証は、3ヶ月に1回の定期検診(メンテナンス)を受けていただく事が条件となります。


自費診療の入れ歯(義歯)・インプラント治療は
医療費控除を受けることができます

医療費控除とは、ご自身や家族のために医療費を支払った場合に、一定の所得控除を受けることができるものです。自費診療は高価な材料を使用することが多く高額な治療費となる場合があり、「治療目的」である場合には医療費控除の対象にすることが可能です。詳しくは国税庁HP「医療費控除の対象となる医療費」を参照ください。





休  診  日 | 木曜日 ・ 日曜日 ・ 祝日
診療科目 | 歯科 ・ 小児歯科 ・ 矯正歯科 ・ 歯科口腔外科

〒463-0003 愛知県名古屋市守山区下志段味濁り池1682-1




Copyright © 2014 Kaneshige Dental Cliinic All rights reserved.